T-Engineロゴ







◇写真

◇補足説明

◇ご注文


2003年7月8日

パーソナルメディア株式会社
〒142-0051 東京都品川区平塚1-7-7 MYビル
TEL.03-5702-7858 FAX.03-5702-7857
E-mail:te-sales@personal-media.co.jp
http://www.personal-media.co.jp/te/


T-Engine用スウィープ型指紋認証システム開発キットを新発売

〜 携帯電話やPDAの本人認証システム開発を容易に実現 〜




パーソナルメディア株式会社(代表取締役:泉名達也、本社:東京、電話番号03-5702-7858、資本金1,000万円)は、ユビキタス時代の標準開発プラットフォーム「T-Engine(ティーエンジン)」対応の日立エンジニアリング株式会社(取締役社長:河島弘明、本社:茨城県日立市、電話番号:03-6402-6827、資本金17億9千万円)製スウィープ型指紋認証システム開発キット「Finger Attestor for T-Engine」を2003年7月9日より販売開始いたします。標準価格は140,000円(税別)です。

「T-Engine」はあらゆるモノにコンピュータが入り、それらがネットワークで接続され、互いに協調動作して私たちに利便性や安全性、快適性を与える「ユビキタス・コンピューティング環境」を実現するために、さまざまな組み込み機器の開発を効率化・標準化するためのプロジェクトです。2002年6月に22社で始まり、2003年6月現在では180社以上もの企業や団体が参加する「T-Engineフォーラム(会長坂村健・東京大学教授/YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長)」が中心となって活動しています。

ユビキタス・コンピューティング環境では、常時身につける携帯電話やPDAなどのモバイル機器を用いて、さまざまな情報のやりとりを行うことが想定されます。特に電子商取引を行ったり、モバイル機器内の個人情報にアクセスする利用者が、本来の利用者かどうかを確認する本人認証機能を実現することは大変重要です。この本人認証を行うためには、顔、音声、指静脈、そして指紋といった「バイオメトリック(生体の特徴を利用した個人識別)機能」を搭載するのが一般的です。

今回発売する「Finger Attestor for T-Engine」では、グミを用いた人工指による「なりすまし」行為に対しても十分なセキュリティを保つと言われている「静電容量方式」を採用しています。また、指を置く「面型」ではなく、指をセンサーの上で滑らせて指紋を取り込む「スウィープ型」にしたことで、従来製品に比べてサイズで1/11、消費電流でも1/14と大幅に削減できました。これにより、従来、デザインや実装スペース上の問題から指紋認証ユニットの搭載が難しかったモバイル機器でも、T-Engine上で「Finger Attestor for T-Engine」を用いて開発することで、容易に実現できるようになります。

この「Finger Attestor for T-Engine」は、7月9日(水)より11日(金)まで東京ビッグサイトで開催される第6回組込みシステム開発技術展「ESEC」の日立エンジニアリングブース(小間番号14-1、東2ホール)に展示される予定です。

■製品概要
(1)Finger Attestor for T-Engineの特長:
  • 静電容量方式スウィープ型センサーを用いた指紋認証システム
  • 携帯電話、携帯端末等の小型組込機器への最適化を実現
  • 用途に応じてセキュリティレベルの変更が容易に可能
  • カーソル、ポインティングデバイスとしても使えるデュアル機能
(2)読取りセンサーの仕様:
方式   静電容量方式
サイズ   192ドット(17.0mm)×8(3.0mm)ライン
解像度   363dpi
動作電圧   2.5〜3.3V
消費電流   5mA(動作時)
    20μA(スタンバイ時:指検知待ち状態)
    2μA(停止時:ソフトウェアで復帰)
I/F   8bitパラレル(CPU Busへ直接接続が可能)
(3)アルゴリズムの仕様:
方式   マニューシャ方式
プログラムサイズ   ROM=70KB〜、RAM=80KB〜
テンプレートサイズ   512B〜1KB
認証速度   1秒以内:SH7727での平均値
    (指紋取込み時間+テンプレート作成時間+認証時間)
認証精度   本人拒否率(FRR):0.05%
    他人受入率(FAR):0.0002%以下
(4)対応機種:
  • T-Engine/SH7727開発キット
    (T-Engine/SH7751R開発キット、T-Engine/VR5500開発キット、μT-Engine/VR4131開発キットへも今後対応予定)
(5)標準価格:
140,000円(税別)

(6)販売開始日:
2003年7月9日

◇写真
T-Engine/SH7727開発キットに接続した状態 [88Kバイト]
Finger Attestor for T-Engine [68Kバイト]


◇補足説明

(1)「T-Engine」について
T-Engineとは、TRONプロジェクトの最終目的であるユビキタス・コンピューティング環境を実現するために必要となるハードウェアプラットフォームと、その上で動くリアルタイムOSやその周辺のインタフェース仕様を標準化し、その上で動く各種ミドルウェアの開発効率向上および流通の促進を目的としたプロジェクトです。世界の主要な組込み用CPUメーカー、ソフトウェアメーカー、組込み機器メーカー、家電メーカーなど180社以上(2003年6月現在)が参加する「T-Engineフォーラム」が中心となり、T-Engineアーキテクチャの研究開発および標準化活動を行っています。T-Engineプロジェクトの詳細およびT-Engineフォーラムに関しては、http://www.t-engine.org/をご覧ください。

(2)パーソナルメディア株式会社について
パーソナルメディア株式会社は1980年設立の独立系ソフトウェア会社です。トロンプロジェクトには初期の頃から参加し、16bit版BTRON仕様OS「1Bシリーズ」、32bit多漢字版「超漢字シリーズ」を発売したり、トロン関連技術情報誌「TRONWARE」を発行するなど、積極的にトロンプロジェクトに参加してまいりました。T-Engineフォーラムでも幹事会社として積極的に活動しており、「T-Engine/SH7727開発キット」などを発売するほか、多漢字対応GUIミドルウェア「PMC T-Shell」などのT-Engine用ミドルウェアを開発・販売し、T-Engineのトータルソリューションを提供いたしております。

(3)日立エンジニアリング株式会社について
1957年に設立された日立エンジニアリング株式会社は、創業以来のコア・コンピタンスであるエンジニアリングはもとより、ソフト・情報制御・ハードというシステム技術を最大の武器に、真に価値あるソリューションをご提案できる次代の会社です。エネルギーから一般産業、公共・公益、サービスといったあらゆる産業界を舞台に、卓越した技術力を駆使してクロスファンクショナルなビジネスを展開しています。日立エンジニアリングでは、これまで数多くのシステムを構築し、広範囲な業界のノウハウを蓄積してきました。
このノウハウに基づく質の高いコンサルティング力と、日々進化しつづける最先端の技術を取り入れたシステム構築力で"お客様にとって新たな価値を創造する"一歩進んだ「真のソリューション」を提案します。

◇ご注文
パーソナルメディアからの通信販売

Finger Attestorは日立エンジニアリング株式会社の登録商標です。
TRON は "The Real-time Operating system Nucleus" の略称です。
BTRON は "Business TRON" の略称です。
ITRON は "Industrial TRON" の略称です。
TRON, BTRON, ITRON, eTRON, T-Engine, μT-Engine, T-Monitor, T-Kernel はコンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品を指すものではありません。
B-right はパーソナルメディア株式会社の登録商標です。超漢字はパーソナルメディア株式会社の商標です。
その他の商品名などは各社の商標または登録商標です。
本資料に記載された製品の仕様、外観イメージ、価格などは、発表日現在のものです。最終的に販売される製品では、変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。ご購入の際は、最新情報をご確認ください。

以上

戻る

  Copyright 2003 Personal Media Corporation