T-Kernel用タスクトレーサ(リファレンスキット用)
ご購入ページ

T-Kernel用タスクトレーサ(リファレンスキット用)

「T-Kernel用タスクトレーサ」は、 組込みシステムのプログラムを動作させたままで、 実行タスクの遷移やシステムコール発行のログを記録し、 その様子をグラフィカルに分かりやすく表示する動作解析ツールです。

本ツールが表示するグラフや情報により、組込みシステムの動作解析、 デバッグ、チューニングなどを効率よく進めることができます。

T-Kernel 2.0で新しく追加された64ビット引数のシステムコールもトレース可能です。

本製品のご利用には、別途以下の対応機種が必要です。

【対応機種】

⇒製品紹介

販売価格(税別) : 20,000 円

トップ > T-Engine > T-Kernel用タスクトレーサ(リファレンスキット用)