T-Engineロゴ







2003年3月11日

パーソナルメディア株式会社
株式会社エルミックシステム


IPv6対応ミドルウェアをT-Engine用に新発売

〜 情報家電向けのシステム開発が一層容易に 〜



株式会社エルミックシステム(代表取締役社長:澤田 陽、本社:神奈川県横浜市、電話番号045-664-5171、資本金11億6,004万円)は、トロンプロジェクト(プロジェクトリーダー:坂村健東京大学教授)が推進しているユビキタス・コンピューティング時代のスーパー標準開発プラットフォーム「T-Engine(ティーエンジン)」上で動作するインターネット接続用ソフトウェアのTCP/IP(IPv4/IPv6)プロトコルスタック「KASAGO for T-Engine」を開発いたしました。IPv6対応TCP/IPプロトコルスタック関連製品がT-Engineに対応するのは初めてです。

本製品は、組込みシステムの開発者を対象に、「KASAGO for T‐Engine 開発キット」として、パーソナルメディア株式会社(代表取締役:泉名達也、本社:東京、電話番号03-5702-7858、資本金1,000万円)を通じて2003年3月31日より販売を開始いたします。価格は150,000円(税別)です。

「KASAGO for T-Engine」は、エルミックシステムの「KASAGO TCP/IP(IPv4/IPv6デュアルスタック)」を、T-Engineに搭載される標準リアルタイムOS「T-Kernel」、ならびにT-Kernel上で動作するミドルウェアの標準流通形式「T-Format」へ対応させた製品です。「KASAGO TCP/IP」は、組込みシステム向けミドルウェアとして、高速性、信頼性に優れ、IPv4/IPv6デュアルスタック構造、カスタマイズの柔軟性、IPSecやH.323をはじめとする豊富なオプション製品群を特長とし、ワールドワイドでの豊富な採用実績を持ちます。

「KASAGO TCP/IP」がT-Engineに対応したことにより、情報家電やモバイル機器など、ユビキタス・コンピューティング時代の主役となるさまざまな機器にネットワーク機能を搭載するのに必要な期間とコストが飛躍的に改善されます。

今後、エルミックシステムでは、「KASAGO for T-Engine」を中心に、次世代組込みシステム向けソリューションとして、「IPSec」、「Mobile IPv6」、「SIP」など、多くのミドルウェアを積極的にT-Engineへ対応し、提供してまいります。

■製品概要
(1)KASAGO for T-Engine開発キットの特長:
  • 組込みシステム向けに設計、開発されており、「高速」、「コンパクト」、「高信頼性」を高レベルで実現
  • 従来のソフトウェアとの高い互換性を提供するIPv6/IPv4デュアルスタック構造
  • 豊富なオプションプロトコルをサポート

(2)対応機種:(いずれもパーソナルメディア社製):
  • T-Engine/SH7727開発キット
  • μT-Engine/M32104開発キット
  • T-Engine/VR5500開発キット(対応予定)

(3)価格:
各150,000円(税別)

(4)販売開始日:
2003年3月31日
PDFカタログ(148KB)
■補足資料
(1)「T-Engine」について
T-Engineとは、TRONプロジェクトの最終目的であるユビキタス・コンピューティング環境を実現するために必要となるハードウェアプラットフォームと、その上で動くリアルタイムOSやその周辺のインタフェース仕様を標準化し、その上で動く各種ミドルウェアの開発効率向上および流通の促進を目的としたプロジェクトです。世界の主要な組込み用CPUメーカー、ソフトウェアメーカー、組込み機器メーカー、家電メーカーなど100社以上が参加する「T-Engineフォーラム」が中心となり、T-Engineアーキテクチャの研究開発および標準化活動を行っています。T-Engineプロジェクトの詳細およびT-Engineフォーラムに関しては、http://www.t-engine.org/をご覧ください。

(2)「KASAGO TCP/IP」「KASAGO IPv6」について
「KASAGO TCP/IP」はエルミックシステムが開発した、インターネット用プロトコルスタックで、2002年12月には、IPv6に対応した新バージョン「KASAGO IPv6」をリリースしました。業界標準の組込み向けリアルタイムOS仕様「ITRON」をはじめ、各種リアルタイムOSに対応しており、高速性、コンパクト、高い信頼性を特長とします。ネットワーク機器、携帯電話、システムチップなど、幅広い分野において多くの採用実績を持ちます。

(3)パーソナルメディア株式会社について
パーソナルメディア株式会社は1980年設立の独立系ソフトウェア会社です。トロンプロジェクトには初期の頃から参加し、16bit版BTRON仕様OS「1Bシリーズ」、32bit版BTRON仕様OS「B-right/V」、32bit多漢字版「超漢字シリーズ」を発売したり、トロン関連技術情報誌「TRONWARE」を発行するなど、積極的にトロンプロジェクトに参加してまいりました。T-Engineフォーラムでも幹事会社として、標準T-Engineボード「T-Engine/SH7727開発キット」などを発売するほか、T-Monitor、T-Kernel、T-Kernel ExtensionといったOS関連ソフトウェア群を開発・移植し、T-Engineのトータルソリューションを提供いたしております。

(4)株式会社エルミックシステムについて
1977年に神奈川県横浜市で創業され、組込み業界において25年の経験を持つソフトウェアベンダです。現在は組込みシステム専用のインターネットプロトコルスタックKASAGO TCP/IPシリーズを中心に、100種類以上の通信ミドルウェアを扱っています。2000年7月東証マザーズに上場し、同年サンフランシスコに100%子会社のElmic Systems USA, Incを設立し、IPv6対応のTCP/IPプロトコルスタック開発を行いました。今後も、組込みシステムにおけるインターネット接続のニーズの増大に対応する製品及びサービスの提供を図っていきます。現在、T-Engineフォーラムでは、A会員とし てミドルウェアの標準化活動を行っています。

KASAGO TCP/IP、KASAGO IPv6は株式会社エルミックシステムの登録商標です。
TRON は "The Real-time Operating system Nucleus" の略称です。
BTRON は "Business TRON" の略称です。
ITRON は "Industrial TRON" の略称です。
TRON, BTRON, ITRON, eTRON, T-Engine, μT-Engine, T-Monitor, T-Kernel はコンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品を指すものではありません。
B-right はパーソナルメディア株式会社の登録商標です。超漢字はパーソナルメディア株式会社の商標です。
その他の商品名などは各社の商標または登録商標です。
本資料に記載された製品の仕様、外観イメージ、価格などは、発表日現在のものです。最終的に販売される製品では、変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。ご購入の際は、最新情報をご確認ください。

以上

戻る

  Copyright 2003 Personal Media Corporation