T-Engineロゴ







2003年12月8日

株式会社エイチアイ
パーソナルメディア株式会社


TRON市場向け3Dグラフィックスエンジンを販売開始

〜 エイチアイとパーソナルメディアが販売協力で合意 〜



モバイル3D描画技術の先駆者的存在である株式会社エイチアイ(本社:東京都目黒区、資本金:2億8,925万円、代表取締役:川端一生、http://www.hicorp.co.jp 以下エイチアイ)と、パーソナルメディア株式会社(本社:東京都品川区、資本金:1,000万円、代表取締役:泉名達也、http://www.personal-media.co.jp/ 以下PMC)は、エイチアイの3Dグラフィックスソフトウェアエンジンである『Mascot Capsule(R) Engine Micro3D Edition』を、TRON市場向けにPMCが販売することについて合意したと発表しました。この合意により、エイチアイは同社のMascot Capsule(R) Engine Micro3D Edition を、PMCが販売する各種T-Engineボードに移植し、またPMCは、この移植されたT-Engineボードを、TRON市場向けに販売していくものです。また、両社は互いの製品紹介時に、顧客に対し相手の製品を紹介しあう、共同マーケティングも展開いたします。

今回の提携により、エイチアイの3Dグラフィックスエンジンを、PMCが提供する各種T-Engineボード上で動作させることで、T-Engineを使用するすべてのお客様の環境において、Mascot Capsule(R) Engine Micro 3D Editionを利用することが可能になります。これにより、ユーザーはT-Engineを使用した様々な組込み機器上で、3D描画機能の実現と、3Dグラフィックス・アプリケーションの組込みとが可能となります。

両社は12月11日から開催されるTRONSHOW2004を皮切りに、互いにマーケティング協力を展開する予定です。

TRONSHOW2004 東京国際フォーラム ホールB7
12月11日(木)〜13日(土) 10時〜17時(最終日は14時まで)

なお12月11日(木)14:45 - 15:15 シアターセッション(会場E)にて、株式会社エイチアイ 取締役 鈴木 啓高による講演、『ユビキタス時代の組み込み3D技術』がございます。どうぞご聴講ください。


 
◇補足説明

(1)Mascot Capsule(R) Engine Micro3D Editionについて
Mascot Capsule(R) Engine は、3Dで製作したモデルを、PCのデスクトップやホームページ、組込み機器、携帯ゲーム機、携帯電話機上等でリアルタイムに動作させることが可能な3Dエンジンソフトウェアです。既に、auのC3003PやA5302CA 、J-フォンや、NTTドコモ504iシリーズ、505iシリーズの各メーカーにも採用され、モバイル市場における3Dエンジンの、事実上の標準としての地位を築いております。
Mascot Capsule(R) Engine Micro3D Editionは、限られたリソースの実行環境での描写が可能で、32bit整数演算可能な、10MHz以上のクロックを持つCPU(浮動小数演算、除算は不要)で動作します。3D Studio MAXやLight Wave等、各市販3Dグラフィックフォーマットに対応し、表示性能は無制限(割り当てメモリ量に比例)。3Dによる豊かな表現力と小さなデータサイズで、優れたユーザインタフェースとして様々なデバイスでの活躍をお約束します。

(2)T-Engineについて
「T-Engine」はあらゆるモノにコンピュータが入り、それらがネットワークで接続され、互いに協調動作して私たちに利便性や安全性、快適性を与える「ユビキタス・コンピューティング環境」を実現するために、さまざまな組込み機器の開発を効率化・標準化するためのプロジェクトです。2002年6月に22社で始まり、2003年12月現在では約280社もの企業や団体が参加する「T-Engineフォーラム(会長坂村健・東京大学教授/YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長)」が中心となって活動しています。

(3)株式会社エイチアイについて
1989年、東京都目黒区に設立。資本金2億8,925万円。暮らしに溶け込んだナチュラルなコンピュータライフの提案を目的に、パッケージ開発やシステム開発、ゲーム開発、プロフェッショナルエンジニアのためのセミナーなどを意欲的に行い、業績を伸ばしています。弊社が開発したマスコットカプセル(R)エンジンは、3Dで製作したマスコットを、PCのデスクトップやホームページ、組込み機器、携帯ゲーム機、携帯電話機上でリアルタイムに動作させることが可能な、画期的なエンジンソフトウェアです。J‐PHONE、NTTドコモ504iシリーズの携帯電話にも採用されたこのソフトウェアにより、弊社は、2002年ニュービジネス大賞最優秀賞に選ばれました。現在弊社では、このMascot Capsule(R) Engineを様々なプロダクトにご利用頂くべく、各プラットフォームに対し、ライセンス供給を行っております。

(4)パーソナルメディア株式会社について
パーソナルメディア株式会社は1980年設立の独立系ソフトウェア会社です。トロンプロジェクトには初期の頃から参加し、16bit版BTRON仕様OS「1Bシリーズ」、32bit多漢字版「超漢字シリーズ」を発売したり、トロン関連技術情報誌「TRONWARE」を発行するなど、積極的にトロンプロジェクトに参加してまいりました。T-Engineフォーラムでも幹事会社として積極的に活動しており、「T-Engine/SH7727開発キット」などを発売するほか、多漢字対応GUIミドルウェア「PMC T-Shell」などのT-Engine用ミドルウェアを開発・販売し、T-Engineのトータルソリューションを提供いたしております。


TRON は "The Real-time Operating system Nucleus" の略称です。
TRON, BTRON, ITRON, eTRON, T-Engine,μT-Engine, T-Monitor, T-Kernel はコンピュータの仕様に対する名称であり、特定の商品を指すものではありません。
Powered by Mascot Capsule(R) Engine. Mascot Capsuleは株式会社エイチアイの登録商標です。
B-right はパーソナルメディア株式会社の登録商標です。超漢字はパーソナルメディア株式会社の商標です。
その他の商品名などは各社の商標または登録商標です。
本資料に記載された製品の仕様、外観イメージ、価格などは、発表日現在のものです。最終的に販売される製品では、変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。ご購入の際は、最新情報をご確認ください。

以上

戻る

  Copyright 2003 Personal Media Corporation