BTRON2カーネル標準ハンドブック

BTRON2カーネル標準ハンドブック

坂村 健 監修

本体価格 4,800円+税

ISBN 978-4-89362-100-9

A5判 並製

520 頁

1992年8月 発売

BTRON2仕様OSのカーネル機能(管理機能、システムコール)を詳細解説。
BTRON2に盛り込まれた技術の成果を詳細に説明。仕様書よりカーネル部を抜粋、アプリケーション開発に必要な情報を漏れなく解説した1冊。


 ⇒ Amazonで購入
  • 内容紹介
  • 目次
  • リンク

本書の位置付け


 BTRONは人間とコンピュータとの接点を対象としたサブプロジェクトであるが、その中には広範な内容が含まれている。具体的には、キーボードなどの周辺機器、オペレーティングシステム本体、ウインドウシステム、TAD(TRON Application Databus)と呼ばれるデータ規格、ヒューマンマシンインタフェース(HMI,機器の操作方法)全般、μBTRONバスといったリアルタイムネットワークなどの仕様が、BTRONの成果として生まれている。また、オペレーティングシステム本体の仕様については、主に16ビットプロセッサと軽いハードウェア資源を想定したBTRON1仕様OSと、トロン仕様チップを含む32ビットプロセッサを想定した分散指向のBTRON2仕様OSがある。BTRON の全体像に関しては、「BTRON―動きと展望―」(TRONWARE VOL.12掲載)に詳しい。

  このうち、本書で対象としているのは、BTRON2仕様OSのカーネル部分のインタフェース仕様である。BTRON2仕様OSは、ハードウエアに近いレベルから中心核、周辺核、外殻といった階層化された構造を持っているが、本書で説明しているのは周辺核の部分である。BTRON2仕様OSの考え方全般については、「分散環境への対応」(TRONWARE VOL.8掲載)が参考になるであろう。

  • 監修のことば
  • 本書の位置付けと参考文献
  • 総目次
  • 概要
    • 1.はじめに
    • 2.基本概念
    • 3.BTRON2核プログラミングインタフェース

  • BTRON2核プログラミングインタフェース仕様

  • 第1部 基本インタフェース
    • 第1章 はじめに
    • 第2章 基本定義
    • 第3章 実身
    • 第4章 アクセスキー
    • 第5章 事象
    • 第6章 基本操作

  • 第2部 個別定義
    • 第7章 ストレージ実身インタフェース
    • 第8章 プロセス実身インタフェース
    • 第9章 プロセス間通信実身インタフェース
    • 第10章 デバイス実身インタフェース
    • 第11章 タイマ実身インタフェース

  • 定義リスト
  • 索引

トップ > 超漢字・BTRON > BTRON2カーネル標準ハンドブック