C++とJavaでつくるニューラルネットワーク

C++とJavaでつくるニューラルネットワーク

平野 廣美 著

本体価格 3,800円+税

ISBN 978-4-89362-247-1

A5判 並製 312 頁 CD-ROM付き

2008年5月28日 発売

ニューラルネットワークがどういうものか、また、どのような応用ができるのかを、具体的な例を挙げ実際にプログラムを作りながら知ることができる。

全ソースリストを含むCD-ROM付き。

正誤表

補足

Visual Studio .NET2003/.NET2005への対応情報


書籍版

本体 3,800円+税

Smooth Reader専用版

税込価格 2,400 円

Smooth Reader
電子書籍ストアで購入


※Smooth Reader専用版は全ページカラーです。


  • 内容紹介
  • 目次
  • 開発環境
  • CD-ROM
  • ダウンロード
  • FAQ

『C++とJavaでつくるニューラルネットワーク』では、好評の『Cでつくるニューラルネットワーク』をもとに、最新の環境とニューラルネットワークに関する最新の知見を盛り込み、新たに自己組織化マップ(SOM)を取り入れ、内容を一新し、Javaによる実装もCD-ROMで提供しています。(*1)

 

本書は3つのテーマを持っています。階層型ニューラルネットワーク、相互結合型のネットワーク、そして、自己組織化マップ(SOM)です。 各テーマごとに完全に独立していますので、興味ある部分から読むことができます。それぞれ最初の章では、ネットワークの理論を解説し、続く各章ごとに、例題を挙げ、それを解決するための考え方を示し、実際のプログラムの作り方を解説しています。 付録CD-ROMには、本書で紹介したプログラムのC++版とJava版、およびそれに必要なデータを格納しています。(一部、C++版にあってJava版にはないものがあります。またJava版にあってC++版にないおまけプログラムがあります。)


(*1)本文中は基本的にC++による解説となります。Javaバージョンは、一部異なる部分もありますが、極力C++と同仕様にしています。Java版の補足説明については、CD-ROM収録の NNBook-Java/README.HTM をご覧ください。

 

著者:平野廣美(ひらの ひろみ)
昭和51年、京都大学工学部航空工学科卒業後、(株)日本CAD、(株)新日鉄ソリューションズ等を経て、現在、楽天株式会社 楽天技術研究所在籍。
大学卒業後まもなくして人工知能に興味を持ち始め、LispやPrologの処理系の開発に従事する。また、日本語によるデータベースの検索システムの開発や工場等の生産計画の最適化、テキストマイニングなどの知識処理などを行ってきた。
(※著者紹介は、2008年のものです。)

関連図書
  • 第1部 はじめに
    • 1章 はじめに

  • 第2部 階層型ニューラルネットワークの応用
    • 2章 階層型ニューラルネットワークの特徴
    • 3章 赤と白まぜたらピンク:排他論理和の学習
    • 4章 数を数えることくらいできるさ:順序処理の簡単な実現
    • 5章 へたな字とじょうずな字の判定?:手書き文字認識への応用
    • 6章 アリはフェロモンの道をたどって歩く:アリの行動への挑戦
    • 7章 いろいろやらせてみよう:シミュレータの製作

  • 第3部 相互結合型ニューラルネットワークの応用
    • 8章 相互に結合させたら何ができるかな
    • 9章 連立1次方程式を解かせてみよう
    • 10章 誰だって遠回りしたくない:TSPの解法
    • 11章 うまく物を分配しよう:ヒッチコック問題の解法
    • 12章 スケジューリング問題と箱詰め問題は同じだった

  • 第4部 自己組織化マップ(SOM)の応用
    • 13章 データから学ぶ:SOM(Self Organization Map)とは
    • 14章 色を並べてみる:Color Map
    • 15章 多様な情報の整理をしてみる:データマイニングの世界
    • 16章 SOMが教える近道:巡回セールスパーソン問題

  • 注釈
  • 参考文献
  • 付録CD-ROMについて
  • あとがき
  • 索引

開発環境
本書のプログラムは下記の開発環境を使用しています。
  • C++版   VC++ 6.0 (Visual Studio 2005も動作いたします。1章の「注意点」をご覧ください)
  • Java版   Eclipse Ver. 3.2, Ver. 3.1(All-In-One Eclipseを使用)
Visual Studio 2003および2005への対応情報を正誤表内の対応情報に掲載しておりますので、ご参照ください。

紙書籍付録CD-ROMには、本書で紹介したプログラムのC++版とJava版、およびそれに必要なデータを格納しています。
(一部、C++版にあってJava版にはないもの、またはJava版にあってC++版にないものがあります。)


CD-ROMの構成

フォルダ/ファイル 収録内容
Vcc C++版ソースファイル収録フォルダ
Java Java版ソースファイル収録フォルダ
NNBook-Java Java版の解説用 README.HTM 収録フォルダ
Java版のご利用前にお読みください。
omake Cでつくるニューラルネットワーク』掲載のソースファイル収録フォルダ
readme.htm 最初にお読みください。
CD-ROM内フォルダの内容と本文との対応につきましては、本書「付録CD-ROMについて」もしくはCD-ROM収録のreadme.htmをお読みください。


ご注意

  • 本CD-ROMをご利用になる前に、必ず収録の readme.htm をお読みください。
  • 本書では、全ソースプログラムをCD-ROMでご提供しています。
  • プログラムコードの実行については、個人の責任にて行ってください。
  • 収録されたコンテンツは、使用者の責任において利用するものとし、プログラムの実行により発生したいかなる直接的・間接的被害についても、著者およびパーソナルメディア株式会社はその責任を負いません。
  • 本CD-ROMに収録する各プログラムやデータの著作権は著作者が保有します。
  • 収録するプログラムの営利目的での使用は禁止します。また、収録するプログラムやその他データの再配布は禁止します。
  • 本書についてのお問い合わせは、郵送もしくはE-mailにてお受けいたします。回答にはお時間をいただく場合がございます。またご回答できない場合もございます。
  • 本書の内容を逸脱したご質問、各ツールや操作に関するご質問につきましては、お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • その他、本書および本CD-ROMに関する情報を当社webサイトでご案内しております。
  • 本CD-ROM中のファイルをハードディスクにコピーした場合、「書き込み禁止」属性がつくことがありますので、各ファイルのプロパティから属性の「読み取り専用」チェックボックスをオフにしてください(詳しくはWindowsのマニュアルを参照してください)。
  • 本CD-ROMには、『Cでつくるニューラルネットワーク』(平野廣美著、パーソナルメディア刊、1991)に掲載されているソースファイルも収録しております。(omakeフォルダに収録)



ご案内

付録CD-ROMのJava版の解説用 README.HTMでご紹介しておりますAll-In-One Eclipseですが、諸事情で接続がうまくいかない場合、vector等のダウンロードサイトもご利用することができます。


ダウンロードサービスのご案内

『C++とJavaでつくるニューラルネットワーク (iPad版)』をご利用の方は、本文掲載のソースファイルがダウンロードできます。
※iPad版の販売は終了いたしました。
ソースファイルをダウンロードする (zipファイル)
※圧縮ファイルの解凍には、iPad版本文掲載のパスワードが必要です。

ダウンロードファイルの構成

本書で紹介したプログラムのC++版とJava版、およびそれに必要なデータを格納しています。一部、C++版にあってJava版にはないもの、またはJava版にあってC++版にないものがあります。
フォルダ/ファイル 収録内容
Vcc C++版ソースファイル収録フォルダ
Java Java版ソースファイル収録フォルダ
NNBook-Java Java版の解説用 README.HTM 収録フォルダ
Java版のご利用前にお読みください。
readme.htm 最初にお読みください。
CD-ROM内フォルダの内容と本文との対応につきましては、本文の「付録CD-ROMについて」もしくはCD-ROM収録のreadme.htmをお読みください。

紙書籍の付録CD-ROMとは以下の収録物に違いがございます。あらかじめご了承ください。


紙書籍の付録CD-ROMには『Cでつくるニューラルネットワーク』(平野廣美著 パーソナルメディア刊 1991)のソースも収録してありますが、本ダウンロード版には収録しておりません。そのほかは、紙書籍版付録CD-ROMと同じ内容です。

ご注意

  • 本ダウンロードファイルをご利用になる前に、必ず収録のreadme.htmをお読みください。
  • 本書では、全ソースプログラムをダウンロードファイルでご提供しています。
  • プログラムコードの実行については、個人の責任にて行ってください。
  • 収録されたコンテンツは、使用者の責任において利用するものとし、プログラムの実行により発生したいかなる直接的・間接的被害についても、著者およびパーソナルメディア株式会社はその責任を負いません。
  • 本ダウンロードファイルに収録する各プログラムやデータの著作権は著作者が保有します。
  • 収録するプログラムの営利目的での使用は禁止します。また,収録するプログラムやその他データの再配布は禁止します。
  • 本書についてのお問い合わせは、郵送もしくはE-mailにてお受けいたします。回答にはお時間をいただく場合がございます.またご回答できない場合もございます。
  • 本書の内容を逸脱したご質問、各ツールや操作に関するご質問につきましては、お答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • その他、本書および本CD-ROMに関する情報を当社webサイトでご案内しております。
  • Visual Studio .NET2003/.NET2005において、本書掲載のプログラムでエラーが発生する場合があります。
    これは本書で使用しておりますVC++6.0 と 2003以降の環境の違いによるもので、ライブラリの関数名が微妙に異なっているため起こります。プログラムの対応情報を、正誤表に掲載しておりますのでご参照ください。(2008/8/18)

トップ > コンピュータ書 > C++とJavaでつくるニューラルネットワーク