すべての執筆活動をパソコンで
文筆家が使う電脳書斎「超漢字」

すべての執筆活動をパソコンで

吉目木 晴彦 著

本体価格 1,600円+税

ISBN 978-4-89362-199-3

A5判 並製

248 頁

2002年6月12日 発売

なぜ芥川賞作家は超漢字を選んだか。

読みやすくわかりやすい、「超漢字」の応用実例紹介。吉目木晴彦が実例とともに執筆活動のすべてを見せる。

※本書で取り上げたフリーソフトを入手することができます。
  「ダウンロード」をご覧ください。

(本書内でご案内しておりますフロッピーディスクによるディスクサービスは、終了いたしました。)

正誤表


 ⇒ Amazonで購入
  • 内容紹介
  • 目次
  • 段組みの例
  • 割註の例
  • ダウンロード
  • 書評・紹介
ご案内
本書内でご案内しておりますフロッピーディスクによるディスクサービスは、終了いたしました。
恐れ入りますが、ダウンロードをご利用ください。(「ダウンロード」タブでご案内しております。)
なお、ダウンロード欄でご提供しているフリーソフトは、「超漢字V」の
  「超漢字サンプル集」→「フリーソフト・フリーデータ集」
内に収録されております。「超漢字V」をお持ちの方はそちらをご利用ください。

著者紹介
吉目木 晴彦(よしめき はるひこ)※
作家。1985年『ジパング』で「群像」新人文学賞優秀作、1988年『ルイジアナ杭打ち』で野間文芸新人賞、1991年『誇り高き人々』で平林たい子文学賞、1993年『寂寥郊野』で第109回芥川賞受賞。1994年米国アイオワ大学アジア言語文学部客員教授、現在、社団法人日本文藝家協会理事として、インターネット環境下におけるコンピュータの文字処理問題等に取り組んでいる。

※「吉」は冠部分が「土」
パーソナルメディアの超漢字関連書籍のご案内
※「超漢字」に関する詳細は、超漢字ウェブサイト(http://www.chokanji.com/) をご覧ください。

  • はじめに
  •  
  • 序章
  • 第1章 「超漢字」ならではの文書作成機能
  •   
  • 第2章 自分専用の道具箱を作る
  • 第3章 書斎の模様替えをする
  • 第4章 資料・情報の収集と蓄積
  • 第5章 「超漢字」ならではの文書作成機能2
    • 特別コラム1 実身/仮身のしくみ
  • 第6章 辞書・事典を使う
    • 特別コラム2 実身はいつ消えるのか
  • 第7章 資料や文書を探し出す
    • 特別コラム3 実身数の制限について
  • 終章 電脳書斎を使うコツ
  • 特別編 書斎で生み出した成果を発信する
  • フリーソフトの入手

●段組みの例

本書39ページの図8『「超漢字」に標準で付いてくるワープロで作った文書』


段組みの例

●割註の例

本書49ページ図3「割註の入った縦書きの例」


割註の例

ダウンロード ご注意とご案内

本書内でご案内しておりますフロッピーディスクによるディスクサービスは、終了いたしました。
恐れ入りますが、下記のダウンロードをご利用ください。
なお、下記のダウンロードでご提供しているフリーソフトは、「超漢字V」の
  「超漢字サンプル集」→「フリーソフト・フリーデータ集」
内に収録されております。「超漢字V」をお持ちの方はそちらをご利用ください。
下記ダウンロード用データは本書刊行時のバージョンとなります。


ダウンロードについて(2002年6月10日(月))
  • 「用紙箱 Ver1.20」(第2章 自分専用の道具箱を作る)
  • 「仮身起動 R0.122」(第3章 書斎の模様替えをする)
  • 「超リンク! R0.999_3」(第5章 「超漢字」ならではの文書作成機能2)
  • 「海老(EBI) 1.2.0」(第6章 辞書・事典を使う)
  • 「実身参照元検索」(特別コラム2 実身はいつ消えるのか)
  • 「付箋イット/BrV版」(特別コラム2 実身はいつ消えるのか)


各フリーソフトの最新版を入手される場合はリンク集をご利用ください。なお上記以外のバージョンでは、本書の解説と異なる動作をする場合もあります。あらかじめご了承の上ご使用ください。


動作条件
  • 本書は超漢字4 R4.010 以降の使用を前提に書かれています。
  • R4.010 未満の超漢字4をご使用の場合はバージョンアップをお勧めします。
  • ※各フリーソフトの動作条件につきましては、付属するドキュメントをご覧ください。


ダウンロードの方法: 超漢字4の基本ブラウザでダウンロードする場合
  1. 以下のダウンロードするフリーソフトをクリックしてください。

    ダウンロード方法を指定するパネルが現れます。 パネル下段中央に現れる[バイナリ]のポップアップセレクタをプレスして、 ファイルタイプを[バイナリ]から[書庫]に変換します。 ダウンロードが終了すると、 ダウンロードの終了を確認するスイッチが現れますので、 [確認]スイッチをクリックして、パネルを閉じます。

  2. 前項でダウンロードした書庫実身は、 初期ウィンドウに保存されています。 この書庫実身をウィンドウに開くと、 各フリーソフトのパッケージを表す仮身が現れます。 これを適当なキャビネットにドラッグしてください。 ドラッグ先に仮身が現れ、 アンパック動作が行われます。

  3. 各フリーソフトのパッケージを表す仮身が見えているウィンドウを、 [保存]メニューで保存します。

  4. 仮身をウィンドウに開いて、説明に従って利用してください。
    また各フリーソフトを取り上げた本書の該当ページもご参考にしてください。


ダウンロードの方法: Windowsなど、超漢字以外のOSでダウンロードする場合
  1. 以下のダウンロードするフリーソフトをクリックしてください。
    拡張子 bpk のファイルがダウンロードされます。 適当なフォルダ(ディレクトリ)に保存します。

  2. 超漢字の[ファイル変換]小物を実行して、 ダウンロードしたファイルを超漢字の実身に変換します。 このときデータ形式には[書庫]を指定します。

  3. 前項で変換した書庫実身をウィンドウに開くと、 各フリーソフトのパッケージを表す仮身が現れます。 これを適当なキャビネットにドラッグしてください。 ドラッグ先に仮身が現れ、 アンパック動作が行われます。

  4. 各フリーソフトのパッケージを表す仮身が見えているウィンドウを、 [保存]メニューで保存します。

  5. 仮身をウィンドウに開いて、説明に従って利用してください。
    また各フリーソフトを取り上げた本書の該当ページもご参考にしてください。


リンク集


トップ > 超漢字・BTRON > すべての執筆活動をパソコンで